読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

タイヤ交換をしたい場合どうすればですのでしょうか?

どんなに丁寧な運転をしてもタイヤは必ず減ってしまうものです。平均的な需要がおよそ3万キロから6万キロと言われていますが、ハイグリップタイヤとなればやはり交換サイクルが短くなってしまう傾向があります。

 

またタイヤの金額も一般的なラジアルタイヤから性能重視のハイグリップタイヤなどの種類によって金額も様々な価格帯となっています。例えば1,300 ccクラスのコンパクトカーが入っている14インチタイヤクラスだと工賃含め1台分約3万円くらいの出費がかかると思っていただきたい。決して安い買い物ではありません。

 

ここで上手なタイヤ交換のノウハウをお伝えしておきます!

やはり車のタイヤ交換で1番大切な事は「自分の車にあったタイヤを選ぶこと」が最優先になります。 あまりにも当たり前な事を言ってしまったので皆さんに笑われてしまうかもしれませんが、案外できてないことが多いのです。

 

車のことをあまり詳しくない場合には、店員のすすめられるままタイヤを購入してしまうことがよくあります。結果自分の車には性能よすぎる高価なタイヤを買ってしまったなどという話もよく耳にします。そういうことにもならないためにも、tpoに合わせてタイヤのグレードを調べて購入する必要があると思います。

 

解りやすく説明すれば毎日履く靴に似ていると思います。仕事ようなら履き心地の良い靴を選び、ランニングやスポーツなどする場合にはそれに合わせたスポーツ用のシューズを着用すると思います。そしてフォーマルな席ではやはりフォーマルなシューズの言った具合にセレクトをしていると思います。

 

普通の軽自動車やコンパクトカーだったら実用シア向けのタイヤにすればいいことですし、高級サルーンだったら乗り心地や快適性を重視したタイヤを選ぶことがやはりリストになります。

 

車の特性に合わないタイヤを吐くのは絶対にやめたほうがいいと思います。バランスが崩れてしまい最悪車の燃費にも悪影響を及ぼす可能性もあります。例えば商業者にスポーツカー用のハイグリップタイヤとか、ベンツのような高級車にコスト重視のタイヤを履かせてしまうと性能まで悪化させてしまうことになります。

 

もちろん「自分ではどのタイヤを選んでいいかわからない」とおっしゃる方も多いと思います。そういった場合にはカーショップやタイヤショップの人に相談してみるといいと思います。車の年式てん車種などを入力すると最適なタイヤを案内してくれるタイヤメーカーのwebサイトなども多くなってきていますのでぜひ活用してみてください。

 

タイヤの種類によっては車の性能を変えてしまうことも可能なのです。例えばレガシィGTはブリヂストンの、左というコーナーリング性能重視のタイヤが標準で付いています。しかし元気に走る雨より快適に長距離を移動するために使うというのであれば、コーナリング性能よりも清浄性や乗り心地を向上させる方が良いと思います。

 

そこで横浜タイヤの「 DNA dB」というコンフォート性能重視のタイヤに替えたところ、驚くほど性能に変化がありました。タイヤのグレードや方向性によって車の味付けもずいぶんと変わってくるのです。

 

ではどんなところでタイヤを買えばいいのでしょうか?

結論から言えば「メリットやデメリットを考えてきめる」ことをお勧めします。以前はディーラーやガソリンスタンドでタイヤを買うのは高いとされていましたが、最近ではキャンペーンなので安く売っている場合などもありますので、定期的にチェックすることをお勧めします。安くなっていれば即買いもありあと思います。

 

その他タイヤ館はブリヂストングランドスラムは横浜タイヤ、タイヤセレクトはダンロップてんといったタイヤメーカー直系の店舗の場合には少々割高ながら、タイヤの知識や作業技術からすれば圧倒的にレベルが高いのです。

 

サービスも充実していて「パンク修理無料券」とか「ローテーション無料券」などをつけてくれるお店もあります。以外などは大手のカー用品店で実はタイヤはそれほど安く売ってないのが現状のようです。

 

普段からよく行くなじみの傘にスタンドがあるのであれば、安値でタイヤの通信販売やネットオークションなどでタイヤを購入して交換してもらうのもアリかもしれません。タイヤ交換の工賃がどのくらいなのかを事前に調べておきトータルでいくらになるのか価格帯を調べておくと良いと思います。