読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

知っていると本当に役立つ快適ドライブの知識とは!

【窓ガラスの曇りを取る方法、知っているとかなり役立ちます】

窓ガラスが曇ったら、寒い日でもエアコンのスイッチを入れましょう。みなさんもご存じのこの操作方法、ご存知で無い方は是非実施してみてください。でもエアコンじゃ同相ないい場合も起きるのです。夜勤の仕組みは家庭用のエアコンと全く同じなんです。

 

それはフロンガスを媒体として室内の暖気を外に出して温度を下げています。その際に湿気も取り去ってくれるという副産物がこれにあたります。この冷えて乾燥した空気をエンジンから出る熱で暖めてやることにより、寒い日のあのガラスの曇りを取る上質エアコンとなるわけなのです。

 

実はあまり知られていないことなのですが、エアコンの除湿機能は外気温があまりにも低いときには効果が半減してしまう弱点思っています。このエアコンのコンプレッサーの種類が気温が低いために凍りついてしまうからなのです。

 

メーカーによって様々ですが、外気温が2~3度になってしまうとコンプレッサーのユニットとの凍結防止のため自動的にコンプレッサーの働きを止めてしまい、さらには呈させてしまうのです。

 

そのの場合ではいくらエアコンを作動させていても、全く効果をなさなくなってしまうのはこのためなのです。

 

このようにエアコンが使えずに窓ガラスが曇って困ってしまう場合などには、プレスや窓拭きタオルで直に曇った窓を拭くしかありません。 1番原始的な方法ですが確実な方法です。しかし窓ガラスが曇ったからと言い5を自ら窓ガラスを拭くわけにはいきません。そういった場合には、窓ガラスがくまなくなるケミカル剤がカーショップなどで販売されていますので、いちど使ってみると良いかもしれません。

 

いちど窓ガラス内側にめり込んでおくと、滅多に曇らなくなるので重宝すると思います。また薄めた中性洗剤をタオルに染み込ませて、そのタオルを固く絞りフロントガラスをはじめ、車のガラスの室内側を拭いておくと同じく曇りにくくなりますので、曇りが取れなくて困っている方は是非試してみてはいかがでしょうか?

 

 自動車のフロントガラスが曇ってしまうと、重大な自動車事故を起こす危険性が高まります。そのような危険な状態を回避するためにも、普段から曇り止めのケミカル剤をカーショップなどで準備されておくと良いかもしれません。