読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

自分でやってみると意外に簡単にできてしまうオイル交換

皆さんは愛車の普段オイル交換はどうされていますか?

大抵の場合はカーディーラーやガソリンスタンドまたは大手カー用品店

などで交換される方が多いと思います。

 

簡単な自動車整備などでも工具なければできなかったりしますので

オイル交換もやはりプロに頼んでしまう方が正解かもしれません。

しかし自分で交換してしまえば工賃はかからず、わずかではありますが

余計な出費を抑えることができます。

 

自分でオイル交換をすればそればかりではなく、自分で好きな銘柄の

エンジンオイルを使うことができます。

カーディーラーやガソリンスタンドではオイルの銘柄が限定されてしまうことが多く

近年各メーカーから高品質のエンジンオイルが発売されているので

それら良質なエンジンオイルを使用しないのはもったいない事だと思います。

 

高性能なエンジンオイルの種類にはいろいろなものがあり、

燃費を優先するものや、エンジン出力を優先するものなど多岐にわたります。

もちろんエンジンオイルのグレードにより、その成分も変わってくるわけで

値段もそれに合わせて大きく変わってきます。

 

なにはともわれ自分でオイル交換をすると、思わぬトラブルが発見できたり

今までよりも愛車に対しての愛着が湧いてきたりもします。

自分の場合はオイル交換は自分でやる派なのですが、

実はその他にも、エンジンオイル交換を自分でやる明確な理由があるのです。

 

それはなぜかというと、時間をかけてオイル交換ができるということなのです。

「「なんで時間をかけて居る交換する必要があるの??」」

と疑問に思われる方が多いと思います!

 

ではなぜ時間をかけてオイル交換する必要があるのか

一度でもオイル交換をされた方がわかると思うのですが。

一番オーソドックスなオイル交換の方法は、オイルパンのドレンプラグを外し

下からオイルを抜いて、交換する方法なのです。

 

エンジンオイルの交換で自分が一番注力しているところが、オイルの泣き方で

ガソリンスタンドなどでオイル交換を頼んだ場合に多いのは、

オイルレベルゲージを抜き、ゲージの入っていたところに管を差込

ポンプでオイルを吸引する方法だと思います。

(もちろん下抜きしてくれるところもありますが)

 

一見合理的な方法ではありますが、完全にエンジン内部に残ったオイルを

抜き取る事ができず、オイルパン内に多くのオイルが残ってしまうからなのです。

厳密には下からオイルを抜いたとしても、抜けきらないオイルは

エンジン内部に残ってしまいますが、自分でオイル交換をする場合には時間をかけて

オイルを輩出することができるので、私の場合には自宅駐車場でオイルパンの

ドレンプラグを半日ほど開けっ放しにしているぐらいなのです。

 

こうすることにより、時間を掛けてオイルを排出させることができるので

わたしの場合は時間をかけてオイル交換しています。

そしてENGオイル交換に時間をかける一番の理由があります。

実はエンジンオイルに微量ではありますがオイルフィルターで取り切らなかった、

不純物や鉄粉などが含まれています。

 

時間をかけてオイルを輩出したとしても、実際には気分的なもので、

ただの自己満足だけかもしれませんが、精神衛生上自分の場合は

極力オイル交換は人に頼まず自分で行うようにしています。

 

何より自分でオイル交換をするととても気持ちがいいのです!

自分が風呂に入ったかのように、

「「気分爽快ですっきりしますよ!」」

 

みやさんも是非試してみてくださいね!!