読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

クルマを手放したら自動車税をキツチリ回収しましょう

2006年から、クルマを手放した際、黙っていると「自動車税」がそのまま戻ってこなくなつてしまったことは、意外に知られていないようです。こう書くと、中には「税金って返ってくるの?」という人もいるんじゃないでしょうか?。そこで、自動車諸税の払い戻しについて紹介します。

 

まず自動車税。2006年3月までは、1年間の途中で持ち主が変わった場合、所有していた月数分だけ負担すればよいことになっていました。例えば2500 ccのクルマを持っていて4月に1年間分の自動車税4万5000円を払ったとします。もしそのクルマが売却などで、4月20日に違う都道府県のナンバーになったとしたら、今までは自分で使っていない11ヵ月分の自動車税4万1500円は、後日還付されていました(同じ県内だと残念ながら還付されない)。

 

ですが、2006年4月からこの払い戻し制度はいつのまにか廃止になってしまったのです。ということは今後、黙つていては自動車税の払い戻しをしてもらえないということになります。おそらく何も言わなかつたらそのまま下取りするディーラー、買い取り業者などの儲けとなつてしまうので注意をしてください!

 

ではどうすれば良いのでしょうか? 下取り査定が確定した直後に「自動車税の払い戻しをお願いしますね」と要求するようにしてください(査定前に言ってしまうと税金分を査定から引かれる可能性大)。

 

続いて、リサイクル料金はどうでしょうか?(クルマをスクラップ化する時の手数料。新車を買う時か未納だったら車検の時に払う)。この料金、本来なら最終処分をする人が払うべきお金。こちらもクルマを処分する時に払い戻しを要求しましょう。

 

新車デイーラーが払い戻してくれなかつたり渋ったりした場合(買い取り業者だと自動車税もリサイクル料金も込みの価格になることが多い)、自動車税は「総務省」。リサイクル料金なら「自動車リサイクル促進センター」に電話して相談するといいですよ!

 

あまり知られていないことながら、まだ車検の残っているクルマをスクラップにしたり、大事故や大きなトラブルなどで廃車にするなら、重量税の還付を申請しましょう。

 

重量税の還付を受けるには、廃車手続きの際に「永久抹消」(今後ナンバーを取らないという意味)を選ぶ。そうすれば「永久抹消」申請書の一部が重量税還付中請書になっているので、そこにクルマのナンバー、リサイクル券の番号、銀行日座の番号などを書けば還付金が銀行日座に振り込まれる(振込みまで2ヵ月くらいかかるようです)。

 

こちらも業者に頼んだ場合、何も言わないと丸儲けされてしまいそうなので、しっかり還付を頼んでおきましょう。自動車諸税は、自動車関係以外の一般財源にも使われる動きがあるなど、理不尽なところが非常に多いのです。せめてもの抵抗として、税金の還付くらいはしつかり騙されないように自分で管理していきましょう!

 

 

 

 

 

 

バイク買取高額査定