読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

クルマの「賢い下取り方法」

 車を少しでも高く買い取ってもらうための秘策とは?

 

クルマを買い替えようとしている人がまず気にすることは、おそらく値引き額だろう。しかし、値引きと同じくらい「今乗つているクルマの処分」も大切だったりする。

 

もちろんデイーラーで下取りしてもらうというのが「王道」ながら、今や下取りよりも高値となる″クルマの換金方法も少なくない。いくつかある換金術を説明していきたいと思う。当然ながら、 一番簡単なのはデイーラーに下取りしてもらう方法。これは同じメーカー(トヨタ車からトヨタ車など)への買い替えだと良い結果となることが多いが、逆に違うメーカーのクルマに換える場合には安い査定となってしまいがち。

 

同じメーカーだったら自社の中古車センターに並べられるけど、他社のクルマは置きにくい。よって安い価格にして早く売ってしまいたいという考えになり、「中古車の仕入れ価格」である下取り価格が安くなる。

 

ちなみに、新車購入時に値引き交渉を行う際は、「車体本体の値引き額」と「下取り査定」を別に出してもらうこと。そうしないと、購入条件がいいのか悪いのか全くわからなくなってしまうのだ。値引きと下取り査定をまとめた金額で条件提示された場合には、「友人に譲るかもしれないので値引きと下取りは別に出して欲しい」と言ってみよう。

 

次の方法が、最近テレビCMなどでもよく見る「ガリバー」「ラビット」といつた買い取り業者の利用。この種の業者は自社の店舗、中古車販売店、中古車オークション会場など、買い取ったクルマを市場に流通させるルートを多く持っており、けっこう高く買い取ってくれる。インターネットから査定の申し込みが出来る業者がほとんどだから、 一度自分の車の査定額を聞いてみる価値あり。買い取り業者で処分する場合のコツは、最低でも2、3の業者を回ること。

 

業者によつて全く査定が違うことも珍しくない。また中古車雑誌に載っている相場を調べ、25万円くらい安い金額を強くリクエストすると、その額で買い取ってくれることが結構あるようだ。

もし所有しているクルマが人気車だつたら、欲しがつている業者を探して売りに行くという手もある。業者は『カーセンサー』誌などの中古車雑誌の後ろの方に「買い取り強化」などという広告を出しているので、その中に自分の車種が入っていれば問い合わせてみよう。

 

売り主も買い手も得する処分方法として、個人売買やネツトオークシヨンヘの出店というやり方もある。また、どの方法でも査定額を上げるためにぜひやつていただきたいことがある。入念な洗車だ。クルマの内外装をきれいにしておくと「大切に使われたクルマ」と評価され、査定は上がる傾向。2万.3万円得をすることだつて珍しくない。

きれいな車は評価されると書くと、「キズも直しておくべきか?」と思われる人もいるかもしれない。しかしキズまで直すのは損。キズによる減点分と修理代を比べたら、ほとんどの場合、修理代の方が高くつく。キズは「自分で上手に直す自信がある」という人以外、そのままにしておくべきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カイトリチュークルマ出張鑑定団と一括買取査定の価格を比較してみて下さい!