読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

運転中はドアロックをしないようにする!

運転中はドアロックしない方が良いのです。こんなことを言うと驚く人も多いと思います。というか教習所でも習うことがありますが、多くの人は「運転中登録しないと危険」と思い込んでいいのではないでしょうか。しかしその間違った認識が命取りになることがあるのです。事故の際は助かるものも助からなくなってしまうので注意が必要です。

 

仮に大きな事故に遭遇したとします。事故の衝撃で去来バーや乗員は大きなダメージを受けてしまいます。一方ガソリンなどが漏れていたり、炎上の危険が出てきます。こんなとき周囲の人がドライバーを救出しようとしても、道路部されていたら救出することができなくなってしまうのです。

 

もちろんプロのレスキュー隊長容赦なくガラスを割り、すぐに救出することができるはずです。しかし自動車のガラスは丈夫なので、工具がなければ。ことができないのです。自動車のガラスは思い切り蹴飛ばしたぐらいでは行くとはしません。仮に角材とかを使用したとしても割ることはできません。尖った石なので思いっきり叩かない限り割ることはできないのです。

 

重症であればあるほど、救出は時間との勝負になります。車両火災の危険なんてあったらなおさらのことです。府道6が命取りになってしまうということなのです。ちなみにで死体は先が尖ったガラス張り専用のハンマーを常備しているのです。

 

そんなところかな最近の自動ロック機能つきの高級車は衝撃を感知すると自動的にロックを解除する機能が付いているほどなのです。自動車メーカーも事故の時のドアロックは危険と判断しています。教習所の常識が遅れているだけなのです。

 

しかしドアロックしないと、事故の衝撃で動画平井ちゃんぢゃないの?と思う人もいるかもしれません。しかしそんなことはないので心配はいりません。どうやら皆さんの玄関の二重ロックのように、 2つドアロック機能がかかるように理解しているようなのです。

 

ドアロックは普通のロック装置をレバーで開かないようにしてあるだけなのです。普通衝撃を受けドアが変形してドアロック機能が壊れてしまえば、ロックしていても開くのです。

 

それなら運転中のドアロックは不要か。 2つだけ例外があります。治安の悪い場所などを走るときなど、幼児を載せる時などがそれに当たります。例えば乱暴な輩が車から降りて近づいてきたようなときには、ドアロックしておけば自動車が心強いシェルターになってくれます。

また幼児を載せている時も、いたずらしてドアを開けてしまったりしない様を、ロックしておくべきでしょう。またこのようなときには内側から開かないチャイルドロックを使うように心がけましょう。

 

またもう一つ。地震や火事、水害等を災害により車を乗りしてる場合も同じなのです。この場合は逆にキーをさしたままにしとロックを開けたままにして避難してほしいのです。必要があったときに、その車を動かせるようにしておく必要があるからなのです。