読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

愛車の盗難防止対策にはセキュリティー対策はお忘れなく!?

【愛車の盗難防止対策にはセキュリティーシステムの対策をお勧めします。】

警察がまるでやる気を出さないこともあり、盗難車両や窓ガラスを割っての部品盗難は相変わらず多いのが現状です。盗難されて届を出した人ならご存知だと思いますが、「とりあえず受け付けますけどね」的な対応を受け、腹立たしい思いをしたのではないでしょうか。今や我が国は車泥棒にとって天国みたいな存在になっているんです。

 

盗難対策は新型車や高級車だけだと勘違いしている方もいるようですが、今や軽自動車にまで「イモビライザー」と呼ばれるセキュリティーシステムを標準装備していますので、むしろ少し古い大衆車の方が狙われやすいくらいです。軽自動車の盗難被害の増加件数を見てもわかると思います。

 

もはや自分の財産は自分で守るしかない、ということになります。最近ではいろいろなタイプのセキュリティーシステムが出ているので、気合の入った盗難システムを販売する専門店も増えてきています。

 

とりあえずカー用品店に行ってセキュリティーシステムを見てほしいと思います。大きなお店なら「セキュリティーシステムコーナー」を設けているところも多くなっていますから、どれがいいのかよくわからない人には、店員に相談することをお勧めします。

セキュリティーシステムで気をつけたいところが値段です。シンプルなもの7 2万円程度からありますが、本格的な電子システムを設置するとあっという間に10万円を越してしまうものも存在しています。愛車を盗まれることを考えれば安いものですが、被害を受けた経験がない人だと躊躇する金額に驚くことと思います。

 

しかし心配はいりません安上がりな方法もあります。定番なところでは「ハンドル止め」というタイプのものがあります。太い鉄の棒みたいな牧草地を使ってハンドルを送っていしてしまうのです。毎回装着するという手間はありますが、費用から考えると相当効果は大きいのです。「家はシャッター付きの谷を備えているから安心だけれど、会社咲き出盗難に会わないか心配」なんて言う人にはぜひともハンドル度目のトランクに積んでおくことをおすすめします。このハンドル止めを軽視されがちなんですが、実は車の盗難件数が多いアメリカなどでは電子システムの盗難装置よりも効果が高いとされているそうなんです。

 

「威嚇」も意外に効果が大きいです。不思議ティーシステムを設置しているかのようにダミーで武装するのです。値段も安価でそれなりの効果を期待できるところがポイントです。盗難するがは短期間で盗難してしまいたいために赤痢キーの気配を感じたら盗難に及ばない可能性が高くなるのです。もちろん見破られてしまえばダメなのですがその辺は理解してもらいたい部分です。

 

逆に1番盗難されやすいのは黄色つけっぱなしです。「少しの間だから、キーは泣かなくてもいいや」なんて思っていると、ちょっとした拍子に乗り触れてしまうことがあるので絶対に注意が必要です。最近はコンビニの駐車場などでも大分盗難事件が多くなってきていますので注意してください。

 

ここまで色々と紹介しましたが、やはり1番おすすめなのは本格的な赤痢キーシステムです。正しい注意して欲しいのはファームの鳴りっぱなしです。これは安いシステムだと誤作動が多くこういったことが起きてしまいがちなのです。せっかくのセキュリティーシステムを取り入れるなら、思い切って高性能なセキュリティーシステムを購入した方がいいと思います。また併せて「ハンドル止め」も併用すると完璧だと思います。

 

 

 

カイトリチュークルマ出張買取鑑定団と一括買取査定と価格を比較してみて下さい!