読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

ガソリンが高いと悩んでいませんか?セルフ式ガソリンスタンドを有効活用してみませんか?

最近急速に普及しているセルフ式ガソリンスタンドは、有人のガソリンスタンドに比べてガソリンの価格が人件費が節約されてることもあり安くなっています。 24時間やっているお店も多いのでとても便利です。しかし利用したことがないし、不安だと思う方も大勢いらっしゃると思います、慣れてしまえば簡単に給油ができるとても便利なガソリンスタンドですが、セルフ式ガソリンスタンドの利用を常の注意点はどんなことがあるか説明します。

 

まず注意すべき点はガソリンの種類です。 「そんなの知ってるよ」と思うかもしれませんが、意外と間違いが多いので注意が必要なのです。例えば「軽自動車に経由を入れてしまった」「ディーゼルエンジンに間違えてガソリンを入れてしまう」ケースなどもあります。セルフ式ガソリンスタンドの場合頼りとなるのは自分だけなのです。きちんと確認しておきましょうを。どうしても不安なら周囲の人に聞いてみるのも良いかもしれません。セルフといっても店員が1人は必ず常駐しているので安心してください。

 

次に給油方法です。燃料キャップを開いてノズルを給油口に突っ込らば良いのですが、気を付けて欲しいのが静電気なのです。燃料キャップを開けた際に噴き出すガスに静電気の火花が飛ぶと引火してしまいとても危険なのです。もしその場で引火してしまうようなことがあれば大惨事になってしまうのでとても恐ろしい状況を想像してください。そんなことからセルフ式ガソリンスタンドではまずの近くに「静電気除去シート」なるものを設置しています。必ず静電気除去シートで静電気を除去するようにしてください。

 

またご自分の車の給油口の場所も確認しておくようにしてください。車の右側にあるのか左側にあるのかで給油場所への侵入方法が変わってきますのでご注意ください。

 

1番確実なのは、セルフ式ガソリンスタンドを何度も利用したことのある友人アドと一緒に行くことです。お金の支払い方法こそスタンドによって違うこともありますが給油方法は基本的に同じなので心配はいりません。いちどセルフスタンドを体験すれば次回からは自分でできるはずです。もし知人にセルフスタンドを利用した人がいなくても大丈夫です。スタンド内には丁寧に説明書が書いてありますので、それを見ながら簡単に給油が出来てしまいます。

 

最後にもうひとつ、給油口ギリギリまでガソリンを入れようとするのは、あまりお勧めはしません。長い時間かかってしまうし、極端に少しずつ燃料出すとポンプの自動ストップ機能が作動しないからです。「ガチャン」と自働ストップしたら、少しずつ出るようにうまく握ります、次の「ガチャン」でとめればほぼ満タンになっているはずです。

 

高等続けるガソリン価格。年間1,000リットルものガソリンを消費する所なら、普通のスタンドを利用するよりもかなりお得になるはずです。背に腹は変えられませんセルフスタンドで少しでも安くガソリンを入れる方が良いと思います。

 

 

 

 

 車買取査定相模原