読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

愛車にリコールが出たらどうすれば良いのでしょうか?

【ユーザーに責任が問われるケースもあるので注意が必要です】

自分の車がリコールの対象となった場合にあまり良い気がしないのは予算同じだと思います。でも車はたくさんの部品の集まりである以上どうしても予想外の不具合が出てしまう事はしょうがないことなのかもしれません。

 

そこで各自動車メーカーと国土庁は「リコール制度」というものを設定しています。車を購入した消費者の安全を確保するためにシステム構築されているのです。

 

ちなみに「リコール」の対象は、基本的に「車を使っていると事故に結びつく可能性のある不具合」となっています。例えばブレーキの素材に問題があり、「突然ブレーキが企画なくなってしまった」とか、「燃料タンクに不具合があり燃料漏れによる火災事故」が考えられるなどが挙げられます。

 

また「事故に結びつく不具合」と一言で言っても、どんな内容をリコールにするかとかの明確な基準値は無いのです。最近は拡大解釈されてしまい「防水処理不十分のため、接点が酸化。ブレーキランプが点灯しなくなる可能性がある」といった不具合もリコールとして発表されているのが現状なのです。

 

リコールが発表されるとメーカーはリコール対象車を購入したすべての顧客にその旨を知らせる必要があり、ダイレクトメールや電話を使用し連絡をとるようにしています。またリコールに対しては無償で修理しなければならないのです。

もっともメーカーの過失責任があるわけなので、無料で直すのは当然のことだとは思います。

 

リコール対策が済むと「リアガラスに丸くて小さなシール」を貼ってくれます。このステッカーは「撃墜マーク」などと1部では呼ばれたりしていて、リコール対策が終了した証明となるものになっています。

 

【リコールが発表されない不具合も多数存在しています】

不具合の可能性があっても、自己に直結する可能性が低い場合にはリコールとして発表される事は無いのです。この場合にはメーカーは「サービスキャンペーン」という方式をとっています。その内訳は「今直さなくても事故になる可能性は低い物ですが、無料でバージョンアップすることがいきます」と言う感じでユーザーに連絡を取ることをしています。

 

この場合にリコールほど重大な状況ではありませんが、無料で修理をしてもらうことができるので、可能な限り修理するように心がけてください。

 

このようなリコール制度の内訳がおわかりいただけたでしょうか。ここで「メーカーの過失だからユーザーに責任は無いのね」と理解されては困ります。リコールが出ている車なのに放置していると、事故を起こした時にユーザー側の責任を問われる可能性が大きくなってしまうからです。

 

実はリコール発表まではメーカーの責任なのですが、その後きちんと対処するか否かはユーザー側の責任になってしまうという状況が背景にあります。ここで注意してもらいたいのが、中古車を買ったときなどです。それはネタの中古車がリコール対象になっていないか購入前に事前にインターネットなので調べておく必要があります。

 

リコール対象車であった場合にしっかりと対策をされた車両の場合には、後に例の「撃墜ステッカー」が貼ってあれば大丈夫という寸法です。中古車を購入前には必ず調べておきたいポイントなのです。また対策してない車両の場合でも、ディーラーに持ち込めば無償で対策をしてくれるので安心してください。

 

ここでひとつ覚えておいた方がいいポイントは、一般の修理業者などではリコールを知らない場合がありますので、必ずリーダーに持ち込んで対応するようにしして下さい。以前こんなことがありました。某有名な全国チェーンの車検センターで車検整備を依頼した時に、ブレーキランプの不具合が見つかりブレーキランプユニットの交換が必要とのことで該当部品の交換代金2~3万円の請求をされたことがありました。

 

実はこのブレーキランプの不具合は、販売台数の多い車両で有名なリコール案件でしたので、私は無料でリコール扱いで直してもらえると思っていたので何も言わないでいたところ、請求されてしまったという具合です。リコール該当箇所の部品を注文した際にその修理業者がリコールを知らないにしても、リコールがわかるようなシステムになっているはずなのに、ユーザー側にとぼけて修理代金を請求して来たというところが本当のところです。

 

こちら側が車のプロだということを知らずに、ただで手に入れることのできるリコール対象箇所の部品代金をまんまとお客さんからセシメようというサモシイ修理業者でた。わたしは全部その旨リコール対象部品ということから全て話したところ、そこの経営者さんとお話させていただいたのですが、とてもイヤな顔をされました。

 

リコール対象部品にユーザー側がお金を払う必要ないのに、それを拒んだことを修理業者からやな顔をされる必要はユーザー側には全くありません。このような経験をしてからはその車検業者の系列店には車を持ち込まないようにしています。あのようなやな思いは二度としたくはありませんから!

 

車の修理にまつわるトラブルは、これ以外にも立た耳にすることが多いことですので、みなさんもこのようなトラブルに巻き込まれないように、良い修理業者さんと取引されることをお勧めいたします。