読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

オイルの種類で燃費も走りもこんなに変わる!

【エンジンオイルの常識を知って燃費の改善カーライフ】

エンジンオイルで燃費が大きく変わるのをご存知でしょうか?車好きの方だといろいろなオイルを交換してみて、走りの違いを体験されている方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

 

しかしあまり興味が無い方だと、全く知らない世界で高いスポーツオイルを入れておけば良いと思っていると思います。確かに高いオイルを入れておけば機械的には問題が起こる事は考えにくいのでそれはそれで良いことだと思います。

 

しかし車好きとしてはメディアにだまされること無く、もう少し賢くカーライフを送りたいものです。それはどういう事かというと、エンジンオイルにはスペックがありその車に合う「オイル粘度」が存在するからなのです。

 

カーショップなどで良いからといって薦められるオイルを購入していると、燃費にはそぐわない商品を購入させられてしまう場合もあるようです。しかしサーキット一高回転を多用するスポーツ走行には高品質な高粘度のエンジンオイルが必要になってきますが、一般的な市街地で消耗する場合には、エンジンオイルの粘度が高いばかりにメンテにも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

サーキット走行する車でも、日常通勤などに使ってる車両の場合にはオイルを使い分けていることがほとんどなのです。家街乗りでは年度の低くリーズナブルな値段のオイルを使っていて、サーキット走行する場合には100%化学合成の高粘度のエンジンオイルに交換することがほとんどなのです。

 

しかももったいないと思うかもしれませんが、サーキットなどのスポーツ走行をした場合には、エンジンオイルにもかなりの負担がかかっているため交換せずにいつまでも使用を続けているよりも、サーキット走行などが終わった翌日には街乗り用のエンジンオイルに交換してしまった方が、エンジンに良い場合がほとんどなのです。

 

例えば最近の低燃費車などのエンジンオイルを見てみると「低粘度オイル」を使用することによって、燃費をさらに伸ばしている状態です。もちろんここで粘度の高いオイルを使用すると顕著に燃費悪化が現れてしまいます。

 

エンジンオイルのパッケージに「5W20」とか書かれているのを見たことがあると思いますが、この最初の数字が小さいほど粘度が低くサラサラなオイルということになります。最近のエコカーではこの数字が「0W」と書かれているオイルを使用しているものも多く見る受けられます。

 

低燃費の為だからだからといいこの頭の数字が「0W」と書かれた年度の低いエンジンオイルを闇雲に使うのはお勧めしません。この粘度が低いばかりにエンジンを痛めてしまう現象も起きているのです。メーカー側もギリギリのところを攻めてきているのかもしれませんが、冬場のように気温が低いときはまだ良いのですが近年のこの夏場の猛暑では、あまり粘度の低いオイルを使っているとエンジンに思わぬトラブルを引き起こしてしまう危険が伴います。

 

例えばエンジン始動時などに、ガサガサとエンジンヘッド周りから異音が出るなどという症状もあるようです。もっとも初めから低粘度オイルを使用する設計になっているエンジンならまだしも、一般粘度指数を使うオイルの設計のエンジンに低粘度オイルを入れることだけは絶対に止めてください。

 

【では燃費を良くしたい場合にどうすれば良いのでしょうか?】

と疑問が湧いてくることだと思います。これはもう1番の有効手段として、エンジンオイル添加剤を使用することです。今では各社いろいろな添加剤が販売されていますので購入を検討するときにおそらく迷われると思います。

 

金額もリーズナブルな物から高価なものまでたくさんあります。ここは迷わず自分の懐事情と相談して、可能な範囲で1番高価なものを選ぶようにしてください。もちろん金額だけではなくその添加剤の効果を調べた上選ぶのは言うまでもありません。

 

このエンジンオイル添加剤を称することにより、エンジンオイルの粘度を変えることなく燃費を延ばすことができるのです。また自質エンジンオイルのグレードをアップ一言と同じ状態になるため、エンジンにも良い効果が現れることは間違いありません。

 

またメーカーのテストでオイル粘度を「15W」から「5W」に落とすことにより、燃費が3~6%改善されたという結果があるようです。これを年間のリッター数に換算するとかなりのガソリン代を浮かせることができると思います。各メーカーの添加剤によって改善されるリッター数が変わってきますのでいちど調べてみると良いと思います。

 

エンジンオイルの添加剤は高価だからと言って躊躇してしまいますが、本当に結果が出る良い添加剤を使用すれば、ガソリン消費量も少なくなるためおのずとガソリン代を倹約することができます。その結果エンジンオイルの添加剤を購入しても、さらにお釣りが返ってくるという寸法です。

 

ぜひいちどエンジンオイルの添加剤の購入をご検討してみてはいかがでしょうか!?