読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

花粉症の方には車の中が1番の快適空間!

【密封された車内は大気から遮断されいちばんの避難場所に!】

花粉症でない方にはその辛さが分からないと思います。しかし一度でも発症された方にはその辛さは計り知れないものがあると思います。春先から梅雨入りまでの時期が最も辛い時期になると思います。

 

ドライバーが花粉症を発症している場合、安全の面から見ても非常に思わせくない状態である事は言うまでもありません。また同乗者も花粉症であった場合やはり気の毒だという気持ちは変わりません。せっかくの行楽シーズンでドライブに行く時も、花粉症に悩まされるような状態では楽しいわけもありません。

 

そこでこのように花粉症で悩まれてる方も、車で楽しい旅ができるを提案をさせていただきます。

車の中は窓を閉めてしまえば密室状態になるわけです。窓を開けない限りしてない2花粉が入ってくる事はそうそう考えにくい状態になります。またエアコンのスイッチで、外気導入と市内循環があるのをご存知でしょうか。

 

最近のエアコンにはほとんどがフィルターが付いているため、外気導入をして室内に外気を取り込む操作をしても、このエアコンのエアーフィルターで取り除かれるためて直に花粉が室内に入っている事はほとんどありません。

 

しかしこの部屋フィルターにもいろいろな規格があり、最近では花粉除去フィルターも販売されて自分の車に合うタイプがあれば是非用意したいものです。また初めからこの花粉除去フィルターを装着している車両もあるようですので、いちど調べてみると良いと思います。

 

ここでしつつ注意点がありますか、車のエアコンのタイプによっては外気導入時しかこの花粉除去フィルターの効果がないものもあり、内気循環ではこのフィルターを通仕組みになっていないものもあります。そのような場合にはいちど内規循環に切り替えて、しばらく花粉がなくなるまでそのままにしておくと良いでしょう。

 

このように花粉を完全に締め出してしまうことができれば、その後

窓を開けなければ、社内に花粉が飛散することは考えにくい状態になります。しかしすでに室内に入り込んだ花粉をきれいに取り除なければいけない事はお分かりいただけると思います。

 

後は室内全体を掃除機で吸い取ったり、ダッシュボードや窓ガラスドアの内縁などを綺麗につきあげる必要があります。またダイソンのようなハウスダストなどを取り覗けるような掃除機があればより一層良いのですが、なかなかそうもいきません。

 

ハウスダストを取り除くような掃除機を持っていなくても、代用が聞きますので安心してください。気休めかもしれませんが、粘着性のローラーシートを使用してみてください。最近では色々なタイプが発売されていて、かなり強力なものが販売されているのでそのような強力タイプのローラシートも合わせて使ってみてください。

 

またその他後付けできる空気清浄機で、花粉を除去できるものも多く販売されています。シガライターに接続すれば簡単に作動することができて、金額もお手頃のものからラインナップが色々ありますので、予算に合わせて選んでみるのも良いかもしれません。最近人気なのはプラズマクラスターを搭載したタイプなどがそれにあたるようです。

 

ここまでやれば愛車の花粉対策は万全と思われると思いますか、窓を開けてしまえばや残念なことにはり花粉は室内に入ってしまうのです。

またいちど外に出てしまえば、衣服にも花粉が着いてしまいます。車内に入る前にはその花粉を落とす必要があります。

 

衣服についた花粉を手で取り払うとしても、実は繊維の奥にさらに押し込んでしまうこともああるようなので注意が必要です。そんな時に役立つアイテムに実は「花粉用ファブリーズ」というものが存在しているのです。この「花粉用ファブリーズ」もどれほどの効果が期待できるかはわかりませんが、使わないより絶対使った方が効果があるに違いありません。車用と自宅用に本ずつ買い揃えておきたいアイテムの1つだと思います。

 

これがの花粉症アイテムを揃えて、快適カーライフをおくっていただきたいと思います。