読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

フロントガラスの撥水効果で快適な視界を確保!

【フロントガラスの撥水コーティングで雨の日でもクリアな視界に】

誰でも雨の日の車の運転はやなものだと思います。雨が降っているだけで気分が落ちているのに、滑りやすく危険な催したりフロントの視界が確保しにくく運転がしにくいからです。特にフロントの視界を良くしたい場合には「撥水コーティング」をいちどしてみるといいと思います。

 

フロントガラスの撥水コーティングを手軽にできるものとして、ウィンドウウォッシャー液タイプのものがあります。これはそのウィンドウウォッシャー液を使うだけでフロントガラスの撥水効果をもたらすというもので、簡単に撥水コーティングできてしまうというのが利点です。

 

しかし撥水効果はあまり持続しないと思ってください。ウインドーシアータイプの撥水効果はあまり持続しませんので、ガラスに直接投げ込むタイプと併用することをお勧めします。またガラスに乗り込む撥水コーティング剤も、耐久性のあるタイプも出てきていますが、やはり定期的に読み込む必要があります。あわせてワイパーブレードに撥水効果があるタイプがありますので、この3つを同時に使うことをお勧めします。

 

やはりガラスになるこの撥水コーティング剤がいちばん効果が高く、この3つを併用することでより持続情を持たせることができると思います。

実際に運転時に使用すると、ある程度のスピードが出てくるとワイパーを使用することなく雨天時でも視界を確保して走行をすることができます。

またこの3つを併用して使うことで最も効果が高いので、お勧めしたい方法の1つです。

 

また1番効果を発揮させ持続させるためには、専門業者やディーラーなどでオプションで取り扱っているフロントガラスの撥水コーティングです。

自分で作業するものとは違い値段はある程度してしまいますが、その撥水効果はとてもよくて、1年以上何もしなくても撥水効果が持続するものも珍しくありません。

もちろんトータルで費用対効果を考えればいちばんリーズナブルなものになると思います。

 

【自分で撥水コートをする時のポイント】

まずは自動車のガラスそのものを綺麗にしておく必要があります。やはりスタジオきれいに作る必要があるため、しっかりと件まだいいのガラスクリーナーを使って油膜や汚れを除去する必要があります。

 

またしっかりとガラスを綺麗にしてから撥水コート剤を飲み込みますが、何回か重ね塗りをする必要があります。やはり1回だけだと撥水コーティング皮膜に疑問が残りますが、2~3回乗り込むことでコーティング皮膜を熱くすることができるのです。また何回か乗り込むことによってコーティング俺もなくなってきますので是非実施するようにしてください。

 

また近年のガラス撥水コーティング剤は、水滴状の粒状にならずガラス面になじみ流れ落ちるようなタイプも多くなっています。このガラス面に馴染む撥水コート剤の場合だと、夕方や夜間などにライトによる乱反射で視界が悪くなることを防止する役目があります。この乱反射で視界が悪くなり危険な思いをすることもあると思いますので、ガラス面に馴染む撥水コートタイプを使うことを安全のためにお勧めします。