読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

車にあったベストなワックスを選ぶ方法!

【愛車にあったベストなカーワックスを選ぶ方法とは】

 

いざワックスを買おうと思いから用品店やホームセンターに行くと商品が多いので迷ってしまうと思います。「あまりにもたくさんあるので本当に迷ってしまいます!」

結局何時間も費やして、いろいろ考えても答えが出なくて「結局洗車する時間がなくなってしまった。」なんてことにならないように気をつけたいぐらいです。

 

そこで今回いろいろな種類のワックスを取り上げメリットやデメリットについて話したいと思います。

 

カーワックスには大きく分けて3種類。液体・ハンネリ・固形があります。

 

①液体タイプ

1番のメリットは作業が比較的楽だと言うことです。液体の場合は村田ないようにボディーにめり込んでいくだけなので、とても使いやすいです。また力を使うふき取り作業もいらないのでとても重宝します。

以前までのタイプであれば楽な代わりに効果が半減されていましたが、現在の場合コーティング・撥水効果が長期に持続する、コーティングタイプもありますのでかなりオススメの商品です。

 

また行きたいタイプは使いやすいということもあり、洗車の度に簡単に書けることができるので、好んで疲れている方も多い商品になります。

 

②はんねりタイプ

主成分はシリコーン系の意思でできています。もちろん汚れるお年の効果も高いという利点を持ちます。白い車に多くつく水垢落しも容易にできることで人気がある商品です。また拭き取りも完全に乾かない状態であれば力もさほど必要ありません。効果や持続性もその他商品と比べれば、さほど違いはありません。

 

近年の商品は大変良くできているのでこちらもオススメのカーワックスになります。

 

③固形タイプ

カルナバ蝋で作られている評判の商品が多い。最大のメリットとしては光沢性と持続性に優れていると言うことです。行きたいタイプや判例ワックスの性質も良くなっているとは言えますが、やはり固形のカーワックスにはかないません。あのカーワックスの王道「シュワラスター」も私は固形タイプのものが1番性能が高いと思っています。

 

しかしデメリットは作業性の悪さが挙げられます。またコーチング効果が高いのですが、水中落としなどの汚れ落としの効果が入っていないタイプもあり、その場合汚れ落とし用のクリーナーを購入しなければならない場合もあります。しかし効果が高いという利点があり、手間を惜しまずとにかく綺麗にしたいと言う方にはお薦めしたい商品です。

 

【またここで焦ってはいけないポイントを1つ】

自分の車のボディーカラーに合った商品を買うようにしてください。黒やダーク系のものと、代や明るい色の発色の高いボディーからと大きく2つに分かれています。

カーワックスを間違えて選んでしまうと、ワックスならが目立ってしまったり効果が半減することになりますので、注意して選ぶようにしてください。