読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

塗装が削れていなければ「デントリペア」できれいに修復も可能です!

【塗装が削れていなければ「デントリペア」できれいに修復も可能です!】

洗車した時などに発見することが多い「エクボ傷」小さなへこみですが、見つけるととてもへこんでしまいます。スーパーやデパートなどの駐車場に停めておくと、隣の車の不注意でドアの開閉時などに当てられてできてしまうことがあります。普段からなるべく汚い車の隣には止めないように注意されている方も多いのではないでしょうか。

 

こうした小さな傷で、塗料が綺麗な状態でめくれていないのであれば「デントリペア」と言う修理方法できれいに直すことができるということを覚えておいてください。

知っている方も多いと思いますが、実際に利用したことがないという方方のために少し説明していきたいと思います。

 

例えばボンネットの上に何か落としてしまったり、小さな凹みが出来たとします。こんな時に「デントリペア」修理が重宝します。大概の場合数時間で直すことが出来、板金塗装といった大掛かりな修理方法でないため早く治すことができます。金額も大きさにより変わってきますが、小さなものであれば1 ~2万円治すことができるので費用対効果もとても大きな「デントリペア」は修理方法になります。

 

「デントリペア」修理で使う工具類は特徴があります。先の曲だった数多くの金属の棒を使いへこんでしまったボディー面の裏側からおさえて、少しずつボディーを元の状態に戻していきます。またその他ハンマーやヒーターなどを上手に使い合わせ、ボディー面の記事を修復していきます。

 

「デントリペア」作業見ているととても細かな繊細な作業の為、気を抜くことができない高度な技術を要します。少しづつではありますがいろいろな道具を組み合わせて行き、凹みを修復していきます。すでに自分が見る限り綺麗に修復されていても、デントリペアの技術者はさらに作業を進める必要があるとのこと。

 

腕のあるデントリペアの技術者は、わずかなへこみも無きをボディーの修復作業の仕上がりにこだわります。塗装面の傷を広げることもなく金属の棒とハンマーを巧みに操傷を修復してくれます。地道な細かな作業を繰り返して今回の場合約2時間ほどで作業が終了しました。

 

点とリペアさんに聞くととがったような凹み傷より、緩やかなへこみ傷の方が直やすいということでした。修復作業を大ボディー面を見ると、米を凝らした愛よく見ない限り傷がわからないレベルで修復されています。そのわずかな傷もコンパウンドできれいになくなってしまうこののものでした。

 

このときの修理代金は約1万8,000円ほどでした。フロントフェンダーの娘創直だったのですが、一般的な板金塗装修理を行うより金額も半分以下でその場で直すことができたので、「デントリペア」は費用対効果の高い修理方法だと思いました。板金塗装で修理した場合だと、塗装することになるため隣のパネルと色が変わってしまったりする場合など、その他トラブルが発生する要因もあるので小さな子傷などの場合には「デントリペア」修理を考えてみるのも良いと思います!