読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

ガラスコーティングの効果に感動しました!

【ガラスコーティングの効果に感動しました!】

いつも愛車には綺麗になりたいですがかといって洗車はとっても面倒なものです。特に時間的に忙しいと、洗車は後回しにされがちです。しかし洗車をしばらくサボると頑固な水垢などがついてしまい、カーワックスので磨く羽目になってしまい、重労働になってしまい、結局時間を要してしまうことがしばしばなんです・・・

 

そんなこともあり近年では自動車の塗装に硬い被膜を作る「カーコーティング」も多くなってきています。今ではディーラーでもオプションで取り扱うようになり、金額もそれなりに高価にもかかわらず一般的に定着しているので驚いてしまいますが、本当にこのコーティングは効くのだろうかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

一昔前のカーコーティングでは「ポリマーコート」が代表的で、塗装の表面にアクリル系樹脂で追うことにより(石油系樹脂)水中などの汚れがつかないようにしてなおかつボディーにツヤを与えるように加工をしていました。

 

このポリマーコートでも一般的な油脂系のカーワックス比べれば、もちろん比較にならないほど強固な被膜を作るため、ものによっては1、2年の耐久効果がありました。しかし近年はまたその上を行く、ガラス工というものが一般的になっています。私はその効果を知るまでは、どれも効果は一緒なのでは?ポリマーコートの素晴らしい効果は知っていたので、それ以上の商品があるものか?と少し疑問に思っていたのです。

 

そこでいつも立ち寄る仲の良い車やさんに聞いてみることにしたんです!

そうすると「ガラスコーティングについて」いろいろなことが分かってきました。

 

水洗いだけでもピカピカになってしまうコーティングで、使われている素材も石油系のものではなくガラス系のものを実際に使っているということです。彼もそのコーティング効果も理論上10年物と言われている耐久性でカーコーティングの中では1番の耐久性を持っているということでした。

 

最近ではボディーコーティングを行う店では、このコーティングを取る扱っているそうで、近年急速に普及し始めてきました。「ポリマー」より硬い皮膜が作れます。溶剤メーカーに聞くと10年ぐらい持つことですが、実際には3年間ぐらいは間違いないのではないかと揺れています。

 

2年前に施行した車があるのですが、未だに水洗いだけでピカピカになっているということでした。自分の車もその車屋さんでカーコーティングを行っているのですが、水洗いだけでいつもきれいになっていたので、最近のカーコーティングは綺麗になるんだなぁと思っていたのですが、今回この話をしているときに知ったのですが、私の車もこのガラスコーティングを施してもらっているということでした。この話を聞き見づらいだけでボディーがピカピカになる理由がわかりました。

 

ちなみに「ガラスコーティング」と呼ばれている製品には大きく分けると「ケイ素系」と「シリカ系」のタイプがあり実は「シリカ系」のものが本物を事でした。どうやって判断するのかと聞くと「シリカ系は取り扱いが難しいため、ほとんどの場合一般に市販されていない」というの専門商品ということでした。

 

このシリカ系のガラスコーティング剤はとても高価で、プロの磨き屋さんで仕入れても、乗用車1台分で1万円近くするとても高価なコーティング剤だということがわかりました。そのようなこともありガラスコーティングの施工費用は今までのポリマーコーティングに比べて割高になってしまうということでした。

 

車磨きの専門店でポリマーコートを実施すると、中型セダンで4~6万円程度するということで、ボディーサイズはもちろんのことボディーカラーやボディーの状況によって金額に違いが出てくるそうです。また同じボディサイズで「ガラスコーティング」の場合だと3~4万円は割高になってくると言っていました。各コーティング屋さんによって金額もまちまちなので、またボディー状況により金額も変わってくるものなので気になる方はいちど車を持ち込んで見積もりを取ることをお勧めするという事でした。

 

ガラスコート」効果は高くても、金額的に少し考えてしまうところがありますが、従来1年ほどだったコーティング効果が3年以上に伸びるということを考えれば、費用対効果からすれば半分のコストで済むということになります。

 

また新車事に施工することによって、初めの3年間は全く塗装も傷めずに済むということになるので、新車のうちからきれいに乗ることができてかなりお得感があります。また車の買い替えなどで下取りを出す場合には、塗装の状態が良いだけで買取価格が数万円変わってくるということでしたので、後々車の乗り換や下取りを考えていれば「ガラスコーティング」はお得感が増してきます。

 

しかし「ガラスコーティング」で重要なポイントが1つあります。

ガラスコーティングはしっかり施工してくれる業者を選ぶ必要があります。自動車のコーティングは塗装面の磨き作業が重要で、この作業をしっかり行ってくれるしっかりとした業者を選ぶ必要があります。

 

「カーコーティング」を行う場合にはボディー面に着いた汚れをしっかり落とす必要があります。汚れと一言に言ってもたくさんあり、1つずつ工程を経て取り除最終的に磨く作業に入るわけです。例えばボディーについた鉄粉除去。この鉄粉を綺麗に取り除く必要があります。

 

またボディーに着いた「ウォータースポット」や「水垢」の除去。これらを綺麗にしなければ汚いままでボディーコーティングされてしまうことになりますのでこちらもとても重要な作業といえます。

 

またくらボディーを磨いて汚れを取ったとしても、塗装面一帯に付いている「細かな傷」を取り除く作業も出てくるのです。もちろん塗装色によってこの傷の目立つ仕方が違ってきます。黒谷ダーク系の色が濃いを塗装面は特に傷が目立ちます。反対にしろなどの発色のある塗装面はこの傷が目立ちにくくなる傾向があります。

 

しかしどちらの塗装面にも細かな傷が付いているのです。この細かな傷をごまかさずにきれいに整えることで、ボディーのコンディションに大きな違いが出てくるのです。それが「塗装面の輝き」であったり「カーコーティングの耐久性」であったり、例えばそれこそ「10年後のボディーの状態」に大きな差が現れてくるものなのです。

 

ですのでせっかくお金を出して「カーコーティング」を施行するのですから、しっかりとしたお店選びが結局重要になってくるのです。後悔することがないように「カーコーティング業者」を選ぶようにしてください。