読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

バッテリーの交換時期はいつがいいのでしょうか?

 

JAFによると、一般道で1番多いトラブルが鍵の綴じ込みと、

バッテリートラブルによるエンジン始動不能だそうです。

例えば年末年始の7日間で、バッテリーのトラブル解決のために出動した回数は

2万件を超えて、全体の35%強というすごい割合を占めています。

 

実はバッテリーのトラブルは、冬よりも夏場の方が多く発生しています。

という事は夏場のバッテリートラブルはコレよりももっと多いということになります。

旅行などの長距ドライブの前や、お盆休暇の里帰り前などにはいちどバッテリーの

点検をしておくと安心です。

 

このように統計で見ても分かるように、バッテリートラブルが多い背景には

車の所有者がバッテリーに関しては、あまり気を使っていないという

こともあげられるようです。

 

また一般的な使用方法である場合には、バッテリーの寿命は大体4年から

長くて5年と言った具合です。エンジン始動時にセルモーターを回した時に

いつもより回り方が弱く感じた時などには、バッテリー容量が低下してきている

状態かもしれません。

 

この時点で長年使ってきたバッテリーだとすると、すでにバッテリー容量が低下して

きていることも想定されます。最悪の場合は早くて1週間、もったとしても数カ月で

バッテリー容量が低下している場合には、エンジン始動時にスターターモーターが

きっちりと回りきらずに、エンジンがかからない状態になることが想定されます。

 

ちなみにバッテリーを長持ちさせる条件は、1週間の間に2~3回車に乗ることで
伸ばすことができます。車にたまにしか乗らない場合には、バッテリーを著しく

低下させてしまう可能性が高くなります。また笑顔が少し高くなりますが 、長期間

車を動かさなくても放電しにくいドライバッテリーがありますので、週末しか乗らない

車であったり、趣味の車などでは購入を検討されても良いかもしれませんね。

 

またバッテリーの自己放電に有効な手段としては、バッテリーがマイナス端子側に

つけるON,OFFスイッチを取り付けておき、乗らないときにはOFFにしておくことで
バッテリーの持ちを伸ばすこともできますので、コストパフォーマンス的にはかなり

お得な方法で、バッテリーの寿命を伸ばすことができます。

 

 

 【バッテリーの交換に必要な工具の説明】

バッテリーを交換するために必要な特集工具等はほとんど必要なく、10~12mm、

12~14mmメガネレンチ(スパナでも代用可)があればほとんどの場合交換できて

しまいます。また奥まったばさら狭い場所などでの作業の場合には、ボックスレンチ

などを準備しておかないと作業できない場合などがあります。まれに工具のサイズが

違うメーカー(インチサイズ)などもありますので、交換前に確認するようにしてください。

 

またソケットレンチを使用しないと、バッテリーの取り外しができない車種なども

あります。ソケットのサイズにもいろいろなサイズがあり、一般的にはロング、

ミドル、ショートといった具合に各サイズが作られています。またさらに

ソケットレンチにエクステンションバーなどを取り付けると、さらに長さを稼ぐ事が

できるようになりますので。手の届かない奥まった狭い場所などに使いやすい工具に

なりますので、必要な場合には事前に揃えておくことをお勧めいたします。

 

 【バッテリーの交換方法を簡単に説明しておきます】

①バッテリー本体を作用から取り外す。

(事前にエンジンを切り、危険防止のためにエンジンキーも抜いておく)

②電極を外すときは必ずマイナス側から行ってください。

次にプラス側を取り外します。これは間違ってショートさせないようにするために

安全な方法で作業できるように手順が決めています。

③新しいバッテリー(充電済みバッテリ)を取り付けるときには

まずプラス端子側ターミナルを取り付け、その後マイナス側端子を接続するように

してください。

 

【バッテリー交換作業事に注意するポイント】

エンジンルーム内の作業の場合、普段高温で動いてる部分でまた高速で回転している

エンジンですので、作業時には十分に安全を意識する必要があります。

エンジンが動いているときには作業しない、またエンジン停止直後での高温時での

作業をしない事は当たり前です。

 

また同時にバッテリーをショートさせないように注意してください。

思わぬ大怪を引き起こしかねません。バッテリーターミナルの締め付け事などに

レンチなのでターミナルやボディーなどに触ってしまうことでスパーク(ショート)

させてしまう事がありますので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット中古車買取査定 相模原