読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

ワイパーはゴムだけ交換できるのをご存知ですか?高性能なものに交換するだけで雨の日の視界がスッキリします!

雨の日は車の運転をしていても視界も悪く、なんととなく憂鬱な気分になって

しまいますね!こんな雨の日の運転も少しでも楽しくしたいものですね。

 

雨の日はまずは、クリアーな視界を確保したい物です。最近なんかワイパーの

効き目が悪く前が見づらいと思ったりした事はありませんか?

知らないうちに、ワイパーのゴムが劣化してワイパーの効果が低下しているかも

知れません。

 

割りと新しいワイパーでも夏の炎天下にさらされて、フロントガラスに張り付いて
しまいすぐにダメになってしまう事が有ります。ワイパーはいつも、

フロントガラスに接したままにしておいて、長時期間乗らないでいたりすると
すでにダメになっている事もめずらしく有りませんので注意が必要です!

(もちろん冬場でもワイパーは痛みます!)

 

またワイパーの効き目が悪くなった事に気が付いても、意外に金額が高いので

(フロントワイパー1つあたり約2,000円前後)ワイパーの交換を後回しに

していたりしませんか?実はとっておきの方法を紹介したと思います。

交換しないでほったらかしにしておくと、前が見づらいだけではなく

大きな事故を引き起こす原因にもなりますので早めの交換が必要不可欠です!

 

そんな車のワイパーですが、この前交換したばかりなのにすぐダメになって

しまうイメージがあり、雨が降っても綺麗なフロントの視界を確保するためには

マメな交換で対策をするしかないようです。

 

以外にすぐにダメになってしまう、ワイパーですがいつも効き目の良い物を

使用してスッキリしたい物です。そんなワイパーを安価で交換できたら

嬉しいはずです。じつはワイパーのゴムの部分だけ交換できることを

ご存じでしたか?

 

これは汎用品になりますので、自分の車に付いているものと同じタイプの

ワイパーゴムに交換する必要があります。日本車の場合だと一般的なタイプで

4~5種類のワイパーゴムが ありますので、間違えて購入しないように注意して

ください。

 

ワイパーゴムの購入はカーショップなどで比較的簡単に入手することができます。

ワイパー売場の一角にワイパーの替えゴムと書いたパッケージ売っているはずです

ので、確認してみてください。

またワイパーの替えゴムを侮ってはいけません。最近では性能の良いゴムを使用し

耐久性を向上させた製品もあります。

 

さらに撥水加工を施したワイパーも存在しますので、を自分の気になったものを

いちど使ってみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、メインテナンスを怠ると性能や耐久性が著しく低下します。

マメなメインテナンスを心がけましょう。

 

それではワイパーのゴムをメインテナンスするというと、どのような事考えましたか?

ワイパーのマメな交換でしょうか・・・?

ワイパーのマメの交換は先ほど話しましたが、ワイパーのメインテナンスには

この他にもちょっとした事なのですが、私はこれをやっている人を

今まで見たことがありません。

 

洗車の時などにワイパーブレイド(ワイパーゴム部)部分も簡単で良いので

一緒にキレイにして下さい。例えばご自分で洗車をされる方の場合は

洗車タオルや、洗車スポンジなのでゴム部分を軽く拭きあげておいてください。

すると真っ黒な筋がついて驚くと思いますよ。

 

1つ注意していただきたいことは、ワイパーブレードにワックス成分は

つけないようにして下さい。最近のカーシャンプーの中にはワックスも同時に

掛けられるタイプのものもありますので、注意が必要です。

もちろんガラスについても大丈夫なものもありますので、ご使用前には必ず

確認する必要があります。

 

私の場合愛車は自分で洗車していいいるのですが、ワイパーブレードも必ず一緒に

タオルで吹き上げて綺麗にしています。またこうしておくことで、雨が降って

いないときに間違えてワイパーを動かしてしまったときにも、フロントガラスを

傷つける心配がなくなるのですよ。

 

やはり長い時間が経つにつれ、当然ワイパーブレードの端面に砂や泥などが

蓄積していますので、雨が降っていない天候の良い日に間違えてワイパーを

動かしてしまうと、フロントガラスを傷つけてしまう原因になるのです。

 

もちろん雨が降っていれば、ワイパーブレード端面に蓄積した泥や砂などの異物は

流れ落ちてしまうため問題はありません。しかし数カ月にわたり乗らないでいた

場合にはこの限りではありませんので、注意してください。