読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!

楽しいカーライフを満喫するために必要な知識!では楽しく車と付き合うことができるように色々とお伝えしていこうと思います。

エンジンオイル交換を自分でしていましょう!(交換実践編)

エンジンオイル交換の基本は「安全に作業を行う」ことを優先してください。

自動車の整備を甘く見ると、重大なケガや事故に結びつくことがありますので

十分安全を意識し、怪我のないように行ってください。

 

①車を平らな場所に止め安全に作業できるスペースを確保してください。

車をジャッキアップして作業する場合には、正しくタイヤ止めを装着することを

忘れないでください。

(車両の高いSUVやトラックのなどの場合には前期アップの必要のない

車種もあります)

・大友車の場合には必ずパーキングに入れてください

マニュアル車の場合にはニュートラルを確認してください

・ジャッキアップ前に必ずサイドブレーキをかけていることを確認ください

 

②オイル受けを地面に置きオイルパンのドレンプラグを抜きオイルを抜く。

この場合トレンプラグを回す時にサイズの合った工具を必ず使用してください。

硬く固着してる場合が多いので、スパナよりもめがねレンチをご準備ください。

 

※ワンポイントアドバイ

オイルパンのトレンプラグを外すときに知っているとお得な情報

 

・下からオイルを抜くので、ドレンプラグを外すともちろん

オイルが下に落ちてきます。するとオイルは自分の手に確実にかかります、

そして作業に慣れてないかたの場合には、を持っていないほどの量の

廃オイルをかぶることがあります。

 

「「これを防ぐ方法を教えます!」」

せっかく楽しいオイル交換なのに、排油まみれで散々な思いはしたくないと

思いますので、しっかり覚えておいてくださいね!!

 

ポイント1)

ドレーンプラグ取り外し時はエンジンオイルフェラキャップを閉めておく事!

 

しかし、しばらく交換してないと固着して外れない場合がありますので、

いちどジャッキアップなどの作業する前に、フェラキャップを外してみてください。

もちろんエンジンは停止されておいて安全を確認してくださいね。

 

フェラキャップが硬く固着していた場合でもいちど外しておけば、オイル交換作業時に

外れなくて慌てることがないので必ず事前に外れることを確認してください。

その後またフェラーーキャップを閉めておいてください。

この時また後で開けるので、思い切り締め付けておく必要ありません。

軽くしまっているだけで十分です。

 

ここでフェラーキャップを閉めておくことがポイントです。

下抜きでオイル交換をする場合に、(オイルパンのドレンプラグを取り外す時)

フェラーキャップを閉めておかないと、オイルパンのドレンープラグを

取り外したと同時に、勢いよくエンジンオイルが出てくるのです。

 

おそらく知らないでフェラーキャップを開けたままで作業すると

大変な目に遭うと思います。

 

ポイント2)

ドレンプラグをレンチなどで緩めてからテレ取り外します。が

取り外す際に実はコツがあるのです!

 

ドレンプラグを緩めていくと、最終的にオイルパンから外れます。

その外れるタイミングが重要で、ドレンプラグをオイルパン側に押し付けながら

ゆるめるのがポイントです。完全にねじ山から離脱して外れていることを確認

してください。オイルパン側に押し付けておくことで、オイルが一気に出てくる

事はありません。

 

ねじ山からドレンプラグが外れていても、オイルパンにラグを押し付けている間は

勢い良くエンジンオイルは出てこないのです。

かんの良い方かとすでに理解されていると思いますが、ねじ山からオイルパンが外れている状態でオイルが落ちないように押しつけておきます。

 

そして一気にオイルが手につかないようにドレンプラグを避けるのです。

するとどうでしょう、廃オイルで、が汚れることもありません。

是非試してみてください。

 

ポイント3)

ドレンプラグを完全に取り外し、オイルが出てくることを確認して

勢いがある程度落ち着いてから、エンジンのオイルフェラーキャップを

開けてください。

こうすることで必要以上に勢い良くエンジンオイルが出てくる事は

ほとんどの場合ありません。

 

※是非試してみてください~!!